地方移住サポート
アイコン
移住デザインマネジメント
地方で生活してみたいと思ったことはありませんか?
・  都会ではできなかったライフスタイルを地方で叶えたい
・  自然に囲まれたところでのびのび子育てをしたい
・  シニア世代ではリタイア後の余生を田舎で暮らしたい
イラスト
移住する動機は様々ですが、地方創生が叫ばれている近年、若年層やシニア世代に至るまで地方へ移住する人が増えています。
東京一極集中を是正したい政府と地域衰退に危機感を持っている自治体は民間企業とも連携して地方移住を推進しています。
都内では盛んに地方移住やテレワーク、サテライトオフィスの活用のセミナー開催を毎月のように開催しています。地方でも自治体が移住するための住居の補助金や助成金、お試し体験移住など様々な形で力を入れています。
しかし、移住したいと考えても実際行動を起こすには多くのハードルを抱えています。
そもそも「どこに移住すれば自分の夢を叶えられるのか」ということが分からないというのが実情だと思います。
イラスト
移住するために必要な資金は?
仕事は?起業?就職?
住居は?
子どもの教育は?
自家用車は?、その維持費は?
保険は?
現在の預金は?
などなど・・・
そこで、移住デザインマネジメントでは最大のハードルであるお金の問題やライフプランニングをお客様の意向に添うように提案、地方移住の最大の障壁になるお金の部分をお客様の現状の資金と収入を照らし合わせて無理のないプランを提供し、地方移住の成功をサポートいたします。
また、当オフィスでは移住に必要な情報も提供しています。例えばAという自治体は住宅の補助金を出している等。初回面談60分は無料ですので、気軽にご相談ください。
イラスト
アイコン
ご相談の流れ
お客様による無料ご面談予約
矢印
初回面談(60分無料)
面談方法をお選びください。
・  ご訪問(首都圏内出張料無料)
・  ご来社
・  Line
・  Skype
矢印
お客様による有料プランニングお申し込み
50,000円(税別)
矢印
弊所にて、お客様に合わせてプランニング
(少しお時間をいただきます。)
矢印
2回目面談(60分)
プランニング内容のご提案
矢印
移住完了までのフォローとアドバイス
矢印
月額3,000円(税別)
・  相談無料
・  月1回電話・LINE・Skypeによるフォロー
・  必要に応じてライフプランニング見直し
アイコン
移住デザインマネジメント
面談申込フォーム
アイコン
個人お問合せフォーム
アイコン
法人お問合せフォーム
アイコン
移住先情報
国民の心のふるさと明日香村
検索付で全て見る
アイコン
お客様の声
準備中
全て見る
アイコン
FAQ
Q
どんな人にオススメですか?
A
移住を検討しているが、資金的に無理がないか不安な方、 移住先の移住者支援、仕事、住まい等お金の面をトータル的にプランニングして欲しい方に特にオススメです。
Q
どこで相談を受けるのでしょうか?
A
ご自宅、カフェ・ファミレス等ご指定の場所や、ご来所等、お好きな場所でご相談いただけます。
Q
相談日時は平日の受付時間内でないといけないのでしょうか?
A
受付時間とは、お電話での予約を受け付ける時間のことですので、相談は平日夜・土日ご都合の良い時間に相談できます。
Q
相談の前に準備しておいた方がいい物は?
A
必須ではありませんが、家計簿など家計の流れがわかるもの、移住先候補の資料、保険に加入されている方は保険証券をお持ちいただくと、より良いプランニングができます。
また、家族の希望やご自身の希望(移住先での生活スタイル、など)を整理していただくと、よりスムーズにご相談いただけます。
Q
移住しようか迷っていますが、相談を受けてもよいのでしょうか?
A
移住に関する計画に無理がないかどうかは、実際にプランニングでシミュレーションすることによって明確になりますので、その上でご自身でご判断いただけます。
プランニングをしてから移住を検討した結果、今は移住を実行するタイミングではない可能性もあります。
移住を実現しなかった方でも継続サポートはありますので、今後移住するのに最適なタイミングがあれば、改めてプランニングすることも可能です。
Q
移住後はどのようなサポートがあるのでしょうか?
A
移住直後は、移住先の生活に慣れるまで時間がかかりますので、こまめにフォローのご連絡をいたします。
その後も、生活の中でお金に関する相談事や、将来のお金に対する不安にお答えする他、年に1回、必要に応じてプランニングの見直しを行ないます。
アイコン
移住デザインマネジメント
面談申込フォーム
アイコン
個人お問合せフォーム
アイコン
法人お問合せフォーム
アイコン
移住するために必要なこと
まず移住をする上で考えることはどこに住みたいのかということです。移住する上で一番重要なことは情報力と計画力です。
地方によって気候も文化も違う中で、どんな環境で暮らしたいのかを決める必要があります。また、何のために移住したいのか、移住して何をするのかということも決めることが大切です。例えば子育てを田舎でしたいという方や、移住先で就職したい、或いは起業したいという方もいるでしょう。
しかし、移住するために必要な町の情報などがなければ先へは進めません。また、移住するためには現在の仕事を辞めることや、部屋を解約したりなど多くのハードルがあります。したがって移住までに綿密な計画を立てていく必要があります。
特に家庭をお持ちの方は家族の理解を得ることが先決になりますから、計画力がより大切になってきます。
アイコン
FPサテライトを活用するメリット
会社で新たな事業を展開するとき企画書や事業計画書を作成するのと同じく、移住は家族の一大事業でありライフプランニングが必要不可欠だと考えています。したがって、ライフプランニングを作り実行することが移住成功のカギになります。
FPサテライトでは、お客様の希望や家計をヒアリングしながらプランニングをしていきます。また、自治体からの補助金助成金など移住に必要な情報を提供して活用することをオススメアドバイスしていますので、移住のハードルとなるお金の問題や情報など移住への不安を最小限度としサポートしていきます。
アイコン
FPサテライトの移住サポートのポリシー
FPサポートの移住サポートは大きく3つです。
サポート
1
移住に必要な情報の提供
移住を希望しているがどこに住んでいいのかわからない方には情報提供をしています。FPサテライトでは定期的に地方移住のセミナーや交流会等で多くの自治体から情報収集しています。その中でも自治体がやっている移住する人に向けた補助金、助成金や街おこしの情報など移住の参考になる情報を提供しています。
サポート
2
移住プランニングによるサポート
移住するためには様々なハードルがあります。お金、仕事、住居、子どもの教育、自家用車、保険、預金など…多くの問題があります。FPサテライトではこれらの問題解決のためのライフプランニングとアドバイスを行い、安心して移住してもらうためのサポートをいたします。
サポート
3
移住後の継続サポートプラン
移住後も継続してサポートをさせていただきます。移住後も安心して定住できるように、環境に柔軟に対応できるように定期的にライフプランニングの見直しとアドバイスを行なっていきます。
アイコン
移住デザインマネジメント
面談申込フォーム
アイコン
個人お問合せフォーム
アイコン
法人お問合せフォーム